リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

リースバック.COM【マイホームを手放したくない】住宅ローン払えないくなったらリースバック

リースバックで土地活用 気をつけたい事は?

店舗開店のときに、不動産のリースバック方式を取り入れるところも少なくありません。
実は街角のコンビニやファミリーレストランなどはほとんどリースバック方式です。

リースバックは、地主にとっての土地活用の一つとしても考えられています。
それはメリットがあるからです。
店舗では、土地を探しに不動産会社を訪ね、リースバックで第三者の土地に店舗を建設します。
店舗と地主はリース契約で毎月返済や賃料の形で支払いをします。
店舗としては、金融機関からの借金を減額でき、地主は定期収入が入るのです。
お互いにリスクを軽減できるだけではなく、安定した土地活用ができるのです。

気をつけたいこととしては、信用できる不動産会社に依頼をすることです。
建設会社に全部任せてしまうと、建設費の高騰が問題になります。
店舗としては、土地代はゆっくりと払っていけるのですが、店舗建設費用は別でかかってしまいます。
地主にしても、固定資産税の関係から、節税対策としてもあまり高い建設費用は困りものです。

間に立つ不動産会社や建設会社との協議が必要になり、監査機関などの依頼も考えたほうが良いことになります。
リースバックをうたっている不動産会社は数多くありますが、必ず評判や口コミなどをチェックしましょう。
不動産会社からの土地活用で、リースバックの話が来た場合、後々までのコストなどをきちんと報告された上で、確認をすることが必要です。