リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

リースバック.COM【マイホームを手放したくない】住宅ローン払えないくなったらリースバック

親子間・親族間のリースバックは案外と難しい?

リースバックでは親子間・親族間の方が簡単のように見えます。
市場にでた不動産を、親や子が買取、そのまま住まわせるのです。
知った関係ですから、契約もスムーズですが、この時に買取する側の財力が必要になります。

リースバックをする場合、住宅ローンが払えない物件の場合がほとんどです。
その残債が多い場合もあり、そのまま現金取引されれば問題はありません。
ですが、買い手が新たに住宅ローンを組もうというとき、審査基準かとても厳しくなってしまうと言われています。
普通の住宅ローン審査以上の内容で、なかなか通らないこともあると言うのです。

ですから、リースバックを勧める不動産会社でも親子間は成功率が低いといい切ってしまう場合もあります。
それでも、リースバックの形としては、理想と言える賃貸契約が結べますから、不動産会社に相談に行くことをお勧めします。
住宅ローンが払えない、任意売却をしたいのだけど、購入者は親族です。
この流れで行くと、買い手が住宅ローンを組むことができれば即解決することです。

このようなパターンの任意売却を数多く手がける実績のある不動産会社なら、親身に相談に対応してくれます。
難しいと言われる親子間・親族間のリースバックだとしても、住宅ローンが払えないとなったら、すぐに不動産会社に相談に行くことをお勧めします。