リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

リースバック.COM【マイホームを手放したくない】住宅ローン払えないくなったらリースバック

リースバックとオフバランス

リースバックというと、借金問題の解決策の一つとされていますが、企業ではそれが目的ではありません。
日本の名前が知られている大企業でも本社ビルそのものをリースバックしているケースがたくさんあります。

住宅ローンの滞納で、競売をしないため、市場価格で売買ができる任意売却との違いがあります。

企業で行う不動産リースバックは、資産のオフバランス化と呼ばれています。
オフバランスとは貸借対照表から外すことができるのです。
すべての資産が記載する義務がある貸借対照表ですが、実はリース物件に関しては、資産とみなされないのです。

それにより、収益向上をすることができます。
自社保有の資産は、固定資産は流動しません。
しかし、リースで流動性を与えることができます。
たいてい売買契約と一緒にリースバック契約を行い、不動産などはそのまま使い続けます。資産売却の形は、一時的なもので、そのままその資金は活用することで経営に回すとができます。

もちろん経営不振にあえぐ店舗や企業において、この資金調達方法は最良の方法と言えます。
住宅ローン滞納で競売回避したい方にとっても、起業にしてもリースバックで手元に資金ができる。
これが何よりもメリットなのです。

住宅ローンの完済、そして賃貸契約でそのまま住み続けられる。
資金調達の一つとして、健全経営をしたい。
リースバックは、本来そういった目的のある方法なのです。