リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

リースバック.COM【マイホームを手放したくない】住宅ローン払えないくなったらリースバック

債務整理とリースバック 家をなんとかしたい!

借金の債務整理というと、法律事務所に相談に行くケースがありますが、もし住宅ローンが入っていた場合、その借金をどうするかを聞かれます。
債務整理と言うのは、全ての借金に対してではなく、これは債務整理をする、これは完済すると言った選択ができます。
そして、特殊な形として、住宅ローンは特別な債務整理があります。
それが個人再生です。
個人再生は、住宅ローンだけを完済し、後の借金だけを大幅に減額することが目的です。
自己破産ではないですから、返済はします。
個人再生のメリットは、そのまま住んでいることができる、住宅ローンは無傷であることです。

ただし、借金返済の中で、住宅ローンが特に大きい場合は、その他の借金の減額は大した影響はないケースも多いでしょう。
法律事務所では、
  • 住宅ローンは諦めて競売物件にする
  • 自己破産で借金をゼロにする
  • 任意売却やリースバックを勧める
の3点だといわれています。
もちろん返済ができないけれど、金融機関で返済額の一部が減れば返済できるのであれば、それがベストです。

法律事務所が勧める任意売却とリースバックは、不動産会社や任意売却業者に家を市場価格で売却をしてもらい、そのお金で完済をしたり、その後リースバックでその家に住みましょうということです。
法律事務所で、実際に依頼をするのではなく、不動産会社に改めて相談されるようにいわれることが多いですが、不動産会社の紹介などもあります。
いずれにしても、住宅ローンの返済が難しい場合には、債務整理や任意売却などの方法を考えて、そのまま放っておかないことです。