リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

リースバック.COM【マイホームを手放したくない】住宅ローン払えないくなったらリースバック

リースバック契約とは?

リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。
不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。
ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。
リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

まず最初に行う事は、不動産会社か任意売却業者を探すことです。
任意売却業者とは、住宅ローンが払えない方に任意売却の交渉を専門に行う業者ですが、不動産会社でもリースバックは可能です。

依頼された不動産会社では、住宅ローンが払えなくなった住宅の販売活動を行うことになります。
それは競売の落札ではなく、不動産会社では市場価格で普通の物件同様の価格を付けて販売をします。
その上で、売却成立後、買い手にリースバックの賃貸契約を締結します。
リースバック前提の販売になりますから、購入希望者がすぐに住みたいときにはかなわないことになります。
不動産会社によっては、投資対象としての売り方をすることもあり、やはり普通の不動産会社ではなく、任意売却に特化した業者の方がリースバックしやすいかもしれません。

しかし、ホームページなどで任意売却に関する情報がある不動産会社の場合は、リースバックの可能性は高いと見て良いでしょう。
ただし、必ず任意売却ができ、リースバックがかなう保証はありません。