リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

リースバック.COM【マイホームを手放したくない】住宅ローン払えないくなったらリースバック

ハウスドゥのリースバック

借金返済の任意売却の形でリースバックが用いられることがありますが、ハウスドゥでは、借金のためだけではなく、一時金の受け取りの方法としてのリースバックを提案している場合もあります。
現在借金はないけれど、
  • 預金が少なくて生活資金が心配
  • 金融機関からの融資を断られた
  • 老後資金がほしい
などの悩みを解決します。

現在一部の金融機関では、リバースモーゲージの形での不動産担保ローンなどもありますが、リースバックはもっと手軽な資金調達法だと思ってください。
一応、担保になる不動産は売却の形をとります。
ですが、家はそのままにして、ハウスドゥに賃貸料として支払うだけです。
一時金として受け取った額に手数料や利息を加えた契約のお金を支払えば、売買契約で自分の家になります。

不動産という資産を生かした現金化システムで、買取はしてくれるけれど、それは一時的な売買契約として、リースバックが可能になりました。
個人でも法人でもリースバックにはそれぞれに対応した方法で適切な内容があります。

任意売却でリースバックというと、家が遠くに行ってしまうような感じですが、ハウスドゥではそんなイメージではなく、自宅という資産のオフバランスで有意義な資金調達をしましょうと言うものです。