リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

リースバック.COM【マイホームを手放したくない】住宅ローン払えないくなったらリースバック

ハウスドゥのリースバックで債務整理を回避できた

リースバックだけに注目をすると、借金の債務整理の一つとして挙げられることがあります。
これは、住宅ローン返済が困難になった方が、自己破産などで競売にかけられる前に、任意売却をして、リースバックでこの家に住み続けることを言います。

ハウスドゥのリースバックは、そのような方に特化したものではなく、とにかくまとまった資金がほしい方にオススメする方法です。
もちろん借金返済、住宅ローン返済のためでも良いのですが、それだけではなく、とにかく資金を作りたい方に有効な手段として、ハウスドゥがリースバックを提案しているのです。

実際に、借金返済で困っている方が、ハウスドゥのリースバックによって、債務整理をしなくて済んだという方もいます。
この場合、家の所有券は失いますが、そのまま住んでいられる安心感は大きいです。
債務整理になると、その後のクレジットの利用などができなくなったり、不都合なことが多くなってしまいます。
その前にハウスドゥのリースバックを利用することで、そのような事態を回避することができるのです。

借金返済のためのリースバック。
案外と、この方法は画期的であり、新たな借金を作らずに済むので、自分の不動産を最大限に利用できることなのです。
自宅を持つ方で、債務整理をしなくてはならない方、ハウスドゥに相談を。