リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

リースバック.COM【マイホームを手放したくない】住宅ローン払えないくなったらリースバック

高齢者のためのリースバック

例えば、大きな家に高齢者が1人で住んでいたとします。
足腰が悪くなり、一人では住めないとなったとき、老人施設への入居を考えますが、実はお金がないという場合、ハウスドゥのリースバックはお手伝いできることがあるかもしれません。

高齢者にとっては、これから借金を作ることはまず不可能です。
しかし、生きていくためには、この大きな家では生きていけない、老人施設に入りたいけれど、お金がない場合、その家を売却しましょう。

それも普通の不動産売買ではなく、ハウスドゥのリースバックの形を取るのです。
本来は、リースバック後はそのまま賃貸で住む方法ですが、そのまま居住しない条件でもOKです。
もし後継者がいない場合は、そのままハウスドゥが引き取ることもできますが、とりあえず、リースバックをしている間は、賃料だけを支払うことで、心置きなく老人施設に入ることができます。

もし後継者がいたとしても、大きな家に高齢者が1人ですまなくてはならない状態は避けたいですが、これならお金の心配もなく安心です。
メンテナンスもハウスドゥが行い、固定資産税などの支払いもありません。

独居老人にとっても、ハウスドゥのリースバックの方式はメリットが多い、そんな口コミも増えています。