リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

リースバック.COM【マイホームを手放したくない】住宅ローン払えないくなったらリースバック

リースバックで資金調達 目的は問われない

ハウスドゥのリースバックをご利用になる目的はいろいろです。
お住いになっている自宅をハウスドゥの売却。
その時点でまとまった資金が調達できます。
その資金の用途は自由であり、住宅ローンの残債返済、教育資金、老人施設入居のための一時金に活用できます。
借金ではない点では、返済をしなくても良いのがメリットで、売却後も住むことができる点でも、生活そのものは変わりません。
賃貸契約で賃料を払う義務はありますが、例えば住宅ローンのような負担はなく、賃貸契約時に、負担のない金額設定をします。

売却価格に関しては、不動産会社であるハウスドゥの評価額が基準になります。
当然新しい、大きい、キレイであれば価格は高くなりますが、古い場合でもそれなりの評価額が付きます。
そして、賃貸契約ですが、それも相場に合うものになりますので、極端に高い賃料であることはありません。

売却に対しても、住むことが前提になりますから、決して出て行かなくても良いのです。
また、資金調達後、契約によっては買い戻すこともできます。
条件にもよりますが、今だけ資金がほしいなんていう方にもオススメです。
借金ではないですから、買い戻しを返済と考えなくても良いのです。