リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

リースバック.COM【マイホームを手放したくない】住宅ローン払えないくなったらリースバック

財産を現金化 ハウスドゥのリースバック

自分の家は財産になります。
それなりの価値があるのですが、現金化することで、夢が実現することもあります。
長い人生において、お金で苦労してしまう方も多いです。
家も長年の住宅ローンを組んでやっとの思いで入手したものの、返済がとても大変だという方も少なくありません。
その住宅ローン最中の家も現金化できるとしたらどうでしょう?

住宅ローンの限らず、大きな額のお金がほしい場合もありますが、借金はしたくない、ひとによってはできない場合もあります。
そんなときには、ハウスドゥのリースバックをご利用ください。

リースバックとは家を売却して、一時金として売却した金額を受け取ることができます。
そして、売却後はそのまま住むことができ、ハウスドゥと賃貸契約を結びます。
定期的な契約で、ずっと住んでいても良いですし、途中で本の場所にうつる、将来的にその家を買い戻すこともできます。

ですから、いろいろな考え方はありますが、ハウスドゥのリースバックで一時的にハウスドゥに買ってもらって、資金を調達、そして将来はお金をためて買い戻して、再び自分の家とすることもできます。
家を現金化と言うのは、ピンとこないかもしれませんが、ハウスドゥのリースバックは、一時的な資金調達のため、必要とするお金を借金ではなく、売却金として提供できます。