リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

リースバック.COM【マイホームを手放したくない】住宅ローン払えないくなったらリースバック

ハウスドゥのリースバック

ハウスドゥのリースバックとは?

ハウスドゥ・リースバックを実施しています。
ハウスドゥは、東証一部上場企業の不動産会社です。
不動産売買を中心に営業展開をしていますが、その一つの事業がリースバックです。
賃貸の一種ですが、アパートやマンションではなく、その対象が自宅です。
自宅をハウスドゥに売却し、そのままその家に住むため、ハウスドゥに賃貸料を払うことで、所有者がハウスドゥになる仕組みです。

リースバックのメリットとしては、売却した時点で資金が調達できることです。
もちろん住宅ローン途中の不動産でもOKで、ハウスドゥに売却をすることで住宅ローン完済、その後賃貸料を払ってそのまま住み続けることができます。

どうしても資金調達が難しい、なんとか自宅を利用してお金を借りられないか?という場合、銀行などでの不動産担保ローンの方法もありますが、それでは返済の負担が大きいです。

リースバックは、とりあえず売却が前提になります。
ですから、その時点で借金ゼロでの自宅の評価額に合う現金を手にした上、その家に住む事ができるのです。
住宅ローン債務者で、借金返済などで返済が困っている方、債務整理をお考えの方などにもオススメの方法です。
借金なしの資金調達手段の一つとしてご利用できます。
どんなことでもまずはハウスドゥにご相談ください。

リースバックで資金調達 目的は問われない

ハウスドゥのリースバックをご利用になる目的はいろいろです。 お住いになっている自宅をハウスドゥの売却。 その時点でまとまった資金が調達できます。 その資金の用途は自由であり、住宅ローンの残債返済…

ハウスドゥのリースバックで債務整理を回避できた

リースバックだけに注目をすると、借金の債務整理の一つとして挙げられることがあります。 これは、住宅ローン返済が困難になった方が、自己破産などで競売にかけられる前に、任意売却をして、リースバックでこの…

財産を現金化 ハウスドゥのリースバック

自分の家は財産になります。 それなりの価値があるのですが、現金化することで、夢が実現することもあります。 長い人生において、お金で苦労してしまう方も多いです。 家も長年の住宅ローンを組んでやっと…

高齢者のためのリースバック

例えば、大きな家に高齢者が1人で住んでいたとします。 足腰が悪くなり、一人では住めないとなったとき、老人施設への入居を考えますが、実はお金がないという場合、ハウスドゥのリースバックはお手伝いできるこ…