リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

リースバック.COM【マイホームを手放したくない】住宅ローン払えないくなったらリースバック

リースバックと不動産 うまくできている賃貸契約

債務整理をしなくてはならないほどの借金を抱えている方で、その借金に住宅ローンを含まれている場合もあります。
そのまま債務整理をしてしまうと、住宅ローンの支払いもなくなると同時に、マイホームも失います。
それを回避するための債務整理が任意売却で、その任意売却の先にあるのがリースバックです。

任意売却は、競売になってしまう住宅ローン滞納の家を市場価格で売りに出すことです。
その時点で、自分の手から離れてしまいます。
抵当権のある債権者に、家の売却代金を支払い、購入者のものになります。
不動産会社では、その購入者にその家を賃貸の形にすることを提案し、もともと住宅ローンを支払っていた方に貸す、これがリースバックです。

かつては住宅ローンの支払いをしていた家に、賃貸料を払って住むことができます。
表面上では何も変わらない生活を続ける事ができる上、家の維持管理、固定資産税の必要もなくなります。
家の購入者と不動産会社との賃貸契約が結ばれることで、入居者はとにかく賃貸料だけを確実に支払えば良いことです。

一見、購入者にしてみれば、単なる家主になってしまうだけの売買契約ですが、リースバックの場合、賃貸料などが高く設定できる、賃貸だけど、確実に入居者がいて定期収入の一つとして、不動産投資の形になります。
不動産会社にしても、この契約において仲介料なども入ることで、競売前の任意売却を推し進める業者も少なくないといえます。
本来なら、競売で失ってしまう債務者にとっても、賃貸の形だけど自分の家に住み続けることができます。