リースバックとは、マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法です。不動産会社に介入してもらうビジネス業界では良くある手法の一つで、売却した後も住み続けることができます。ただ、売却前提の取引ですから、自分のものではなくなってしまいます。リースですから、新たに賃貸契約を結ぶことで、住宅ローンが払えなくなった我が家でも住まいはそのままの状態に維持できるのです。

リースバック.COM【マイホームを手放したくない】住宅ローン払えないくなったらリースバック

リースバック

  1. リースバックで自宅を売却して住み続けるメリット
  2. リースバックを検討する際の注意事項 リースバックに思う疑問を解決!
  3. 疑問を解消してリースバックをもっと知ろう
  4. リースバックの流れとポイント
  5. リースバックを行っている方の事例
 

リースバックで自宅を売却して住み続けるメリット

リースバックとは、所有していた不動産を売却し、
賃料を支払って、そのままその不動産を使い続ける事を指します。
所有する不動産への支払い等の金銭的な問題により、
第三者に売却をして、賃料を支払い使い続ける方が増えてきております。

リースバックをする事で、どのようなメリットがあるのか、詳しくご紹介致します。
 

自宅を売買しても新しい所有者に賃料を支払う事で住み続ける事が可能となる

リースバックでよくあるケースといえば、自宅が競売に掛けられ新しい所有者が発生した場合、
所有者に賃料を支払う事で、そのまま住み続けるというケースです。
ご自宅が競売にかかってしまうパターンは、このような様々なケースがあります。
 

借金の返済が滞り自宅が競売になる

借金の返済が遅れてしまうと、ご自宅を担保とし借金をしたりなどにより、
最終的に、ご自宅が競売に掛けられてしまう事があります。
 

住宅ローンの返済が滞っている

住宅ローンの返済が滞ってしまうと、自ずと競売に掛けられてしまいます。
この様なパターンの場合、素直に競売に応じて、
その後賃料を支払い住み続けていく事も、1つの選択肢となります。

競売の場合は、競売終了に強制退去を命じられますが、
リースバックを行う事で、そのまま引き続きご自宅に住み続ける事が可能となります。
住宅ローンが払えない!と困ってしまったら、リースバックを検討してみると良いでしょう。
住宅ローンの支払いが困難で競売に掛けられてリースバックを行った場合、
月々の支払額は住宅ローンを支払っていた金額よりも、
お安くなる可能性がありますので、生活は今までよりも楽になります。
 
 

今後借金の返済が厳しい場合まとまったお金を作る事が出来る

借金の返済は滞っていなくても、今後借金の返済が厳しくなるであろう予測が付く場合、
自宅を売却して借金の返済にあて、賃貸でそのまま住み続けていくという考え方もあります。
買取金額は一括で受け取る事が出来ますので、必要な支払いに即座に回す事が出来ます。
 

売却したほうが利益が出る場合がある

稀ではありますが、住宅ローンをそのまま支払い続けているより、
売却をした方が、利益を得る事が出来る場合があります。
その場合は売却をし、そのまま賃貸にて住み続ける事の方が得となります。
 

まとまったお金が必要な場合

まとまったお金が必要になった場合、ご自宅を売却してお金を作る事が出来ます。
引き続き賃料を支払って、ご自宅に住み続ける事が可能となりますので、
住まいを失う事無く、快適に過ごす事が出来ます。

借金の返済、子供の学費、医療費等、様々な理由でリースバックされる方もいらっしゃいます。
リースバックは得た費用の使用用途は自由な場合が多いので、
住宅ローンの支払って、あまった場合は自由に使える事が大半です。
しかし、リースバックの業者によっては使用用途を決めらている場合もあります。
こちらも、事前にチェックしておくと良いでしょう。
 
 

将来の老後の生活資金を確保する事が出来る

住まいを売却して賃料で住み続ける事で、老後の生活資金を残す事も可能となります。
現代は、年齢を増すと老人施設に入る方が多く、その際には多額な費用が必要となります。

まとまったお金を残す事は簡単な事ではありませんので、
ご自宅売却で大きなお金を手に入れて備えておく事は、とても大事な事となります。
また、老後を贅沢に快適に過ごしたい方にも、リースバックは大変重宝されております。
 

ご近所や知り合いに売却した事がバレない

売却をしても同じ建物に住み続けるので、売却した事がご近所や知り合いにバレる事はありません。

今まで通りの生活の中で売却と賃貸環境とする事が出来ますので、
生活形態や環境を変える事が無く、建物の売却とする事が出来ます。
 

固定資産税等自宅にかかった税金を0円に出来る

ご自分が建物を所有していた際は、
ご自分で固定資産税の様な税金を支払うのが当たりまえですが、
第三者が購入したご自宅を賃料を支払って住み続けるので、
固定資産税などの、税金の負担は0円となります。

固定資産税などの税金は意外とお高いので、それを0円に出来、
住み続ける事が出来るのは大きな魅力といえます。
 
 

建物維持にかかるメンテナンス費用がかからない

建物を所有して使い続けていく為には、10年ごと等メンテナンスが必要となります。
しかし、それらのメンテナンスにかかる費用は全て、
所有者持ちとなりますので、賃貸で使う側の負担は0円となります。

建物というのは10年ごと等にメンテナンスが必要となり、何百万と費用が掛かってしまう事があります。
それを0円で使い続けていく事が出来ますので、
メンテナンス費用の積み立て等、気にせず住み続ける事が出来ます。
 

将来的に自宅を買い戻す事も可能

リースバックで売買した際はお金に困って売買された方が大半ですが、
後にお金をこつこつ貯めていく事で、将来的に売却した建物を取り戻す事も可能です。
住み続けている事で、売買希望の場合は優先的に声をかけてくれますので、取り戻しやすいといえます。
契約時から買い戻しを考えている場合は、契約の際に買戻しの旨を一筆入れてもらうと良いでしょう。

買戻ししたくても、現在の所有者が他の方に高額に売ろうとする場合もありますので、
契約書に優先売買権を記載しておくと、揉め事にならなくなります。
 

いかがでしたでしょうか。
リースバックには、このような魅力がたくさんあります。
住宅ローンの支払いが困難な場合やまとまったお金が必要な場合は、
リースバックの検討も、それほど悪くありません。
リースバックは、専門に請け負っている不動産屋さん等の業者もいますので、
そのような業者に、相談をしてみると良いでしょう。

 
▲メニューに戻る
 

リースバックを検討する際の注意事項

リースバックといえば、所有している建物を売却後、
賃料を支払って、そのまま使い続ける事が出来るシステムです。

とても魅力的なシステムといえますが、注意すべき点がいくつかございます。
リースバックの際に注意すべきポイントを、まとめてみました。
 

柔軟にリースバックを行う為には身内に買い取ってもらう事がベスト

売却後も引き続きそのまま建物を使い続けていく為には、
柔軟な対応が出来る相手に買い取ってもらわないと、スムーズに使い続ける事が出来ない場合があります。
引き続き使い続けて行きたい場合は、親族等の身内に買い取ってもらう事が大事となります。

身内でしたら、売却後でも賃貸で使う事を認めてもらいやすいですし、
将来的に物件を買い戻ししたい場合でも、対応がゆるやかで助かります。
 
 

身内の対応が難しい場合はリースバック専門業者に

親族等の身内に買い取ってもらう事が難しい場合は、
リースバック専門業者に物件を持ち込み、売却してもらうと良いでしょう。
リースバック業者であれば慣れていますので、
売却した建物を、そのままリースで借りて住み続けていく事が可能となります。

ただし、リースバック業者の場合は、家賃が高上りになる可能性があります。
一般の不動産会社の場合は、一般的な賃料でのリースとなる可能性があります。
しかし、リースバック専門業者の場合は、売却価格の1割程度を年間の賃料とする場合が大半です。
リースバック専門業者に1,000円で売却した場合は、
その1割100万円が年間の賃料となり、均等払いで月額8~9万円の賃料となります。
この計算でいくと、リースバックした建物をリースしていく事は、
10年以上続けると、金額的に損という事となってしまいます。

しかし、リースバックを検討された際は、何らかの影響で売却をしなければいけなかったので、
それを考えると、多少の損は仕方のない事ともいえるでしょう。
 

月の返済額は下がるのか

住宅ローンでの月々の支払いと、リースバックの際の賃貸契約での、
月々の支払金額とでは、支払額が安くなる傾向があります。
先程の計算では、リースバック専門業者に月々の支払いする場合は8~9万円となりますが、
これはあくまで均等払いをした金額であり、ボーナス払いは無い計算となります。

通常の住宅ローンの場合ボーナス払いが年に2回ありますので、
その金額を考慮してみると、リースバックした際の賃料の方がお得となります。
更に、固定資産税や維持管理費が一切かからなくなりますので、
金額的な負担は、グッと低くなるといえるでしょう。
 
 

リースバックは行う事が出来ない場合もある

リースバックは、建物の所有者の救済措置に思われる方もいるようですが、
そのようなシステムではありません。

リースバックは、このような状態の場合は行う事が出来ないが場合があります。
 

住宅ローン残高の方が住宅売却金額よりも高い場合

リースバックは、現在の住宅の売却金額より、住宅ローンの残高が少ない場合可能となります。
つまり、住宅ローンの残高の方が売却価格より多い場合は、リースバックが難しくなります。
 

リースバック後の賃貸家賃を滞納しそうな方

支払い能力が無い方には賃貸の家賃の支払いも難しいという事で、
支払い能力が低い方には、リースバックの審査が通らない場合があります。
 
 

将来的に建物の買い戻しをしたい場合

リースバックをご利用の方は、今はお金が無くても、
将来的に建物を買い戻したいと思われている方も少なくありません。

しかし、場合によってはお金があっても買戻しが出来ない場合もありますので、
契約書に優先的に建物を買い戻す権利を定めておくと、
将来的に買い戻すタイミングになったら、実行しやすくする事が出来ます。

買戻しの金額は各不動産業者や企業によってマチマチであり、
売却時の金額よりも高くなってしまう事が大半です。
とあるリースバック専門業者の場合は、売却時の1~2割増しで買戻しが可能と言われております。
買戻しを行う場合は売る方も利益が出ないと売買の意味が無くなってしまいますので、
多少高くなってしまう事は、やむを得ないといえるでしょう。
 

住宅ローンが払えなく困った時は専門家にすぐに相談をしよう

住宅ローンが払えなくなると、黙って何か月も滞納してしまう方がいらっしゃいます。
そのような状態では、建物を取られてしまい、住み続ける事が出来なくなってしまう事もあります。

リースバックを行えば、建物は売却となってしまいますが、
賃料を支払う事で、そのまま使い続ける事が可能となります。
手続きが遅くなってしまうと大変な目にもあってしまいますので、
すぐに専門家にご相談をする事をオススメします。

リースバックの専門家は、
不動産会社やリースバック専門業者、弁護士事務所等があります。
 
 

リースバックの専門業者の内容はマチマチ

リースバックの専門業者は様々ありますが、その企業により提案事項や内容が違います。
売買金額や賃料に大きな差が生まれますので、細かくチェックして選ぶようにしましょう。

電話でのお問い合わせや資料請求、各社のホームページを参考にし、
より良い条件のよい業者に依頼する事が大事となります。
リースバックで動くお金は大きなお金となりますので、少しでも損がないよう行う事がポイントとなります。
 

いかがでしたでしょうか。
リースバックを行う時は、様々な注意点を加味して行わなければいけません。
大きな金額が動く事ですので、慎重に進めて悔いのない取引とするようにしましょう。

 
▲メニューに戻る
 

リースバックに思う疑問を解決!疑問を解消してリースバックをもっと知ろう

リースバックというシステムは、聞きなれないという方も多くいらっしゃり、
細かい部分までわかっていない方も、大変多くいらっしゃるようです。

リースバックを合理的に行う事が出来るよう、
リースバックに思う様々な疑問を理解した上で、検討する事はとても大事な事となります。
そこで、皆さんが思うリースバックへの疑問をピックアップしてみました。
 

リースバックは本当に引っ越ししなくてもよいのか

リースバックは、住みながら持ち家から賃貸住宅に変わるシステムであり、
居住形態と支払先が変わるだけですので、引っ越しはしなくてOKです。
そのまま住み続けながら行っていけますので、引っ越しをせずに使い続けていく事が出来ます。

持ち家ではなくなりましたが、住みながらの形態の変化ですので、
ご近所等身近な方に、そのことはバレずに済みます。
 
 

住宅ローンが残っていてもリースバックは可能なのか

住宅ローンが残っていても、リースバックのご利用は可能です。
リースバックで得たお金を住宅ローンに充てる事が出来ますので、特に問題はありません。
ただし、住宅ローンの残債よりも建物の評価額が低い場合、ローンの返済に充てても残債が残ってしまいます。
この場合は、リースバックの審査が下りない場合があります。

ご自宅の住宅ローンの残債を調べ、
リースバック可能なのか否かを、前もって調べる事をオススメします。
 

リースバックは誰でも利用が可能なのか

リースバックは、お客様の支払い能力が問われます。
その為、一定の安定した収入がある事が前提となります。
一定の収入があっても内容によってはご利用が不可能な場合もございますので、
1度リースバック業者に問い合わせてみると良いでしょう。
 

リースバックで得た費用の使い道に指定はあるのか

リースバックで得た費用の使い道は、ほとんどの場合指定はありません。
住宅ローンが残っている場合はその返済を行い、
差額で残った費用は、何に使っても構わない場合がほとんどです。
 
 

抵当権が付いている建物でもリースバックが可能なのか

抵当権が付いている建物の場合、
リースバック業者により、リースバックが可能か否かが決まっております。
ご利用のリースバックの業者に問い合わせて、可能なのかどうかを確認しましょう。
 

リースバックの査定には費用がかかるのか

ほとんどのリースバック業者の場合、査定は無料となっております。
しかし、稀に費用がかかる業者もあるようですので、事前に調べて把握するようにしましょう。
 

リースバックの賃貸期間は決まっているのか

ほとんどのリースバック業者の場合、賃貸期間に決まりはありません。
企業によっては、最初3年間の賃貸借契約を行う場合もあります。

短期間の契約があるにしても、その後20年30年問題なく住み続ける事が出来ます。
期限があるという事は、ほぼないといえます。
 
 

リースバックは住宅のみの対応なのか

リースバックはどのような建物でも可能な場合が多く、
住宅だけではなく、アパートやマンションでも可能となります。
また、店舗等も可能という業者もありますので、問い合わせてみると良いでしょう。
土地の場合は難しい事もありますので、気になる方はお問い合わせをしてみる事をオススメします。
 

自営業や個人事業主でもリースバックは可能なのか

ほとんどのリースバック業者の場合、自営業者個人事業主でもご利用は可能です。
リースバック業者の中には難しい場合もありますので、事前にお問い合わせをしておくと良いでしょう。
 

再度リースバック物件を購入する事に期限の決まりはあるのか

ほとんどのリースバック業者の場合、リースバックの契約後6か月間は買戻しは不可能な場合が大半です。
ただし、リースバック業者によりマチマチですので、契約前にお問い合わせしておくと良いでしょう。
 
 

リースバックは総量規制に該当するのか

リースバックは売却というくくりとなりますので、総量規制には該当しません。
 

赤字の賃貸物件でもリースバックは可能なのか

リースバック業者にもよりますが、可能な業者もあります。
まずは諦めず、相談をしてみると良いでしょう。
 

リースバックは本当に将来買戻しが可能なのか

将来建物の買い戻しをされたい場合は、
家計が好転したり、収入が多くなる事で買戻しは可能となります。
買戻しの際は間違いなく買戻しが出来るよう、
リースバックの契約の際に、買戻し優先権の記載をするようにしましょう。
 

いかがでしたでしょうか。
リースバックというのはあまりメジャーとなっていないシステムですので、
理解していそうで、理解出来ていないポイントが多くあると思います。
これらの疑問を把握して、間違いのない快適なリースバックに導くようにしましょう。

 
▲メニューに戻る
 

リースバックの流れとポイント

リースバックは、このような流れで行っていきます。
 

リースバックの流れ

 

リースバックの相談及び面談

リースバック業者に出向き、住宅ローンの返済や滞納等、
なぜリースバックを検討しようと思ったのかをご相談し、面談を行います。
お話の内容により、リースバックが可能か否かをリースバック業者が判断します。
電話でのご相談を受けているリースバック業者もありますので、
気軽にお話をしてみると良いでしょう。
 

リースバックする物件の査定

リースバックする物件にリースバック業者が出向き、査定を実施します。
築年数や建物環境、間取りや将来性等を踏まえ、査定をしていきます。
 

リースバックのお申し込み

リースバック業者に、リースバックのお申し込みを行います。
 
 

契約

審査により契約締結となり、借入をしている金融機関への任意売却のお申し入れを行い、
交渉など、全てをリースバック専門業者が代行し行います。

ゆくゆく買い戻す予定がある場合は、その旨を契約書に記載しておくと、
後にもめる事が無く、スムーズに進める事が出来ます。
 

不動産売却の手続き

審査が通り契約となりましたら、購入者を募って不動産売却の手続きへと移っていきます。
売却された代金で、金融機関等の債権者に返済を行います。
それらの手続きはリースバック業者が行ってくれますので、債務者が動かなく済みます。
 

物件購入者と賃貸契約を結ぶ

不動産物件を売却しましたら、物件購入者と売買をした元所有者とで賃貸契約を結びます。
賃貸契約締結後には、賃貸物件として今まで通り建物を使い続けていきます。
 

物件購入者への賃料の支払い(リースバックの開始)

賃貸契約に従い、物件購入者に毎月賃料を支払っていきます。

この様な流れで、信頼できる第三者の買い手を探して売買し、
その建物を、月々の賃貸契約似て借りる形態となります。
 
 

リースバックに必要な書類

リースバックの契約には、このような書類が必要となります。
 
  • 審査申込書
  • 店舗の場合、店舗収支、業態説明資料、決算書、確定申告2期分
  • 売買契約書
  • 登記事項証明書、身分証明書
  • 保証人の収入証明2期分、身分証明書
  • 賃貸契約書、それに付随した必要書類一式
  • 物件の平面図

この他にも求められる書類はあり、リースバック業者により多少必要書類は異なります。
事前に確かめて書類を用意しておく事が、大事となます。
個人のお客様と法人のお客様とでは、必要書類が違いますので、
きちんとチェックするようにしましょう。

加えて、これらの書類を全て用意するのは、時間がかかってしまう事があります。
事前に必要書類をピックアップしておく事で、
必要なタイミングまでに、しっかり全て揃える事が出来ます。
 
 

リースバックに必要なお金の流れ

リースバックはご自分の持っている物件を売買するので、必要なお金はその中からまかなう事となります。
リースバック契約似て必要で流れていくお金は、このような内容となります。
 
  • 物件売買代金
  • 固定資産税の生産
  • 売買媒介報酬
  • 賃貸契約敷金
  • 前家賃(ある場合は)
  • 印紙代
  • 所有権移転登記費用
  • 差し押さえ抹消費用

これらのお金が、あっちやこっちに流れていきます。
不動産を売買し所有者が変わりますので、様々なお金の流れとなります。
ご自分が追い金で出すお金ではありませんが、
このようなお金の流れがある事は、把握しておくと良いでしょう。
 

いかがでしたでしょうか。
リースバックの流れや必要書類、お金の流れなどを把握しておくと、
リースバックご利用の際に、大変便利で頼りになります。
困っているお金を解決出来て、今まで住み慣れた建物に家賃を支払いながら、
住み続ける事が出来るなんて、こんなに都合のよい事はありません。


▲メニューに戻る
 

リースバックを行っている方の事例

リースバックを行っている方は、実際にどのような方が居るのでしょうか。
リースバックを行っている方の声を、パターン別に3つご紹介致します。
 

会社の業績不振で収入が少なく返済に回せなくなった

独身OLで収入は十分あり、結婚の予定もないので、老後を考えてマンションを購入しました。
購入時は年収が高かったので何とも思いませんでしたが、
その後会社が業績不振となり、収入が急激に落ちてしまいました。

その後も頑張って支払いをしてきましたが、
残債は20年以上もあり、1人で支払いし続ける事に不安を感じてきました。
収入がもっと落ちないうちに、リースバックを契約しました。

思った以上に高い金額で売買が出来、差し引きでお金が残ったので貯金に回す事が出来ました。
これ以上時期をずらすと支払いも生活も困難になりそうでしたので、
ベストなタイミングで、決断出来たと思います。
 
 

夫婦合算の収入を見込んだ住宅ローンが厳しくなってしまった

夫婦でかなりの収入を得ているので、一軒家を購入しました。
しかし、後に育児の為の育休等、2人で稼ぐ事が出来なくなってから、
計画していた収入の目安が、くるってきてしまいました。

昇給も返済の内容に見込んでいたのですが、
不景気で昇給どころかボーナスもカットされてしまい、返済計画がガラリと崩れてしまいました。
賃貸物件並みの月々の返済金額だったのに、やりくりが大変となってしまいました。

そんな時に、銀行の方にリースバックの事を教えてもらい、
試しに考えてみたら悪くない条件だとわかりました。
売買したので、自分の持ち物ではなくなってしまいましたが、
今までと同じ家に賃貸で住み続ける事が出来ているので、良しとしております。

賃貸の家賃の方が住宅ローンの返済金額より少ないので、
支払いも物凄く楽で、少し贅沢が出来るようになりました。
将来買い戻す事が出来るように契約書にも記載したので、
今後貯金をして、建物を買い戻そうと思っております。
 

取引先が倒産し支払いが難しくなってしまった

主要のお取引先の1軒が倒産してしまい、収入が激減し住宅ローンの支払いが厳しくなってしまいました。
何とか支払い続けてきましたが、仕事も不況のあおりを受けて受注が減少してしまい、
支払いが滞ってしまう事も、発生するようになってしまいました。

ネットでリースバックの事を知り、期待半分でご相談をさせてもらったら、
物件の価値が下がる前にやった方が良いと聞き、すぐにリースバックの手続きをしました。
今では住宅にかかる費用もかなり軽減され、維持しやすい環境とする事が出来ました。

買戻しの旨を契約書に記載しておりますので、
景気が上がってきて事業がまた順調になったら、自宅を買い戻そうと思っております。
 
 

退職金が少なくリースバックで老後の生活にゆとりが出来た

長年勤務した会社を退職した際、景気の影響か思ったよりも退職金が出ませんでした。
期待していた金額でどのように楽しもうかと考えていたので、
あまりにもかけ離れた金額に、ビックリしてしまいました。
そんな少ない退職金ですので、すぐに底をついてしまいました。
ゆとりのある老後を夢見ていたので、これでは残念で仕方ありません。

そこで知り合いから耳にしたのが、リースバックです。
住み慣れた我が家を手放すようで腑に落ちなかったのですが、
賃料さえ払えば、済み続ける事が出来るという事で、決断をしました。
しかも、予想以上に高額で売買が出来、老後の蓄えにもなりました。
 

思い出の建物の層増税の捻出

親が亡くなり実家が残ってしまったのですが、相続するのに税金がかかり困ってしまいました。
兄弟は売っちゃえばいいのではというのですが、家族の思い出が詰まった建物ですので、そうもいきません。

色んな方にご相談をした時に教えてもらったのが、リースバックです。
リースバックで売却をしてしまったら我々の持ち物ではなくなりますが、
賃貸で末永く維持と利用が出来ますので、今は満足しております。
 
 

5つのパターンの共通点は早めに検討した事

これらの5つの事例に共通しているのは、
お金が必要だと思った時に、早めにリースバックを検討した事です。
住宅ローンを滞納している場合は、滞納期間の長さにより、
金融機関から他の担当に引き継ぎされ、そうなると対応が厄介となります。

住宅ローンをご利用している金融機関に検地があるうちに検討し、
リースバックを行った方が、賢明といえます。
住宅ローンなどのローンは、3か月支払う事が出来なければ、
また同じような滞納が発生してしまいます。
その悪循環から這い上がるのは不可能といえますので、
支払いが難しいなと思ったら、即座にリースバックをご利用する事がオススメとなります。

これから引き続き我が家に住み続けていく事は、お客様の決断力によります。
適度なタイミングで決断をし、リースバックで引き続き、
我が家に住み続ける事が出来るようにしましょう。

また、必要な資金を作る為のリースバックもとても有効的であり、
近年では老後の費用の竹にリースバックされたり、
相続税の問題で、リースバックされる方も多くいらっしゃいます。

建物は売却されるのでご自分の所有物ではなくなってしまいますが、
必要な事の為に、お金を捻出する事はとても大事となります。
リースパックを効率的にご利用し、生活に張りを持たせましょう。
▲メニューに戻る